第2回

お茶席紹介10

台湾高雄で出会ったお茶「港口茶」

「港口茶」台湾のお茶通もあまり馴染みのない茶。
「港口茶」がどんなお茶なのかを、台湾名茶の一つ
「杉林渓」と飲み比べながら紹介。

淹れるお茶:港口茶、杉林渓

席主:津田美起子

プロフィール
1970年代後半から仕事で中国各地を訪れ、
約20年前から本格的に中国茶を学び、和歌山を
中心に中国茶講座を開講。

F:テーブル(各6名)
第5回 16:00~16:45

関連記事

  1. 第2回

    お茶席紹介 6

    韓国の雅 「蓮茶」韓国の人々は、中国の明代に伝わった蓮茶の風習を今…

  2. 第2回

    販売ブース店舗紹介 10

    有限会社 小原春香園(大阪)明治8年鹿児島にて創業。大阪市福島区に…

  3. 第2回

    お茶席紹介 1

    茶乃湯抹茶の世界を茶乃湯の文化と製品の特質から捉える初心者でもOK…

  4. 第2回

    お茶席紹介 3

    煎茶道 東阿部流当流は、お茶の種類、所作や道具、しつらえを変えて、…

  5. 第2回

    販売ブース店舗紹介 14

    松茶商店(大阪)松茶商店は日本で唯一の客家擂茶(はっかれいちゃ)の…

  6. 第2回

    4階 セミナー・ワークショップ

    <予約受付中>*セミナー・ワークショップの予約には、web会員登録…

最近の記事

  1. 第2回

    販売ブース店舗紹介 10
  2. 第2回

    お茶席紹介 7
  3. 第2回

    3階 販売ブース・オープンWS
  4. 第2回

    販売ブース店舗紹介 4
  5. 第2回

    お茶席紹介 1
PAGE TOP