セミナー「日本茶の歴史―中世の大阪府を中心に―」

地図を読み込んでいます...

日時
Date(s) - 21/01/2018
10:00 午前 - 11:30 午前

開催場所
愛日会館

カテゴリー


中世の大阪府域のお茶といえば、堺の茶の湯が有名です。
しかし、それだけではありませんでした。
皆さまは、中世の大阪府域―河内・和泉・摂津に、茶園があったことをご存知でしょうか。
その茶園はどのような場所にあり、製茶された茶はどのようにして流通し、どのような場所でどのようにして飲まれていたのでしょうか。
このセミナーでは、中世大阪府域のお茶の史料を、易しく楽しく解説しながら、日本茶の歴史の流れを見ていきます。


【時 間】2018年1月21日(日) 10:00~11:30

【講 師】橋本 素子 先生

京都府茶業会議所 理事

【会 場】大大阪お茶会 セミナー会場(4階)

【参加費】3,500円

【定 員】20名 (現在の残席:7 席)

【備 考】

・予約後、予約受付メールの受信を必ず確認してください。
・予約受付メールをプリントアウトして、当日お持ちいただくことをお薦めします。
・イベントチケットとの引き換えは、必ずイベント開始の10分前までに完了してください。引き換えが完了していない場合は、キャンセル扱いとし、当日券として席を販売する場合があります。
・講演中の撮影・録音はご遠慮ください。

Bookings

現在、予約受付期間ではありません。

ピックアップ記事

  1. 2階 販売ブース 大大阪お茶会実行委員会
  2. 試飲カップについて
  3. 5階 お茶席

最近の記事

  1. 第2回

    販売ブース店舗紹介 12
  2. 第3回

    3階 販売ブース 茶心居
  3. 第3回

    2階 販売ブース 宮崎茶房
  4. 第3回

    4階ワークショップB「番晩飲む飲む」
  5. 第2回

    2階 販売ブース
PAGE TOP