第1回

お茶席紹介10

童仙房の秋茶

9月に童仙房の茶山にて茶事クラスのみんなと茶摘みと茶作りをしました。

今回お出しするのは青茶と白茶。この2種類のお茶は在来種の同じ木のものです。

お茶の作り方によって香りや味わいの違いを楽しんで頂けたら嬉しく思います。

沢山茶葉を摘みましたがお茶にするとほんの少し。貴重なお茶になりました。

どうぞ、お楽しみください!

茶主 囍茶 茶事クラス A&R

 / 淹れるお茶 ”京都の南山城村の童仙房で長年使われていなかった在来種で作った白茶と烏龍茶”


近藤アヤ

(プロフィール)
お茶の時間が大好きです。自分だけ楽しむのではなく、飲んだ方が思わず笑顔になるような
お茶を煎れることができるように日々精進中です。

中村理恵

(プロフィール)
「中国茶を習い始めて3年経ちました。一期一会を大切に。
一緒にお茶を楽しむ事が出来たら嬉しく思います。
お茶の世界はまだまだ初心者ですが、心を込めて淹れさせていただきます。

お茶席(1席30分/500円) ※当日チケット販売

関連記事

  1. 第1回

    お茶席紹介1

    台湾麗しの銘茶『オリエンタルビューティー』奇跡の銘茶、それは東方美…

  2. 第1回

    お茶席紹介5

    煎茶 花月菴流煎茶と言いますが、当流では煎茶の茶葉を使用するのでは…

  3. 第1回

    お茶席紹介2

    珍しい鳳凰単欉を蓋碗で楽しむ。鳳凰単欉はその数だけで80種ほどあり…

  4. 第1回

    お茶席紹介11

    スリランカティーファクトリー ストレートティー 飲み比べセイロンテ…

  5. 第1回

    お茶席紹介8

    韓国茶礼「蓮茶」韓国の人びとは、女性の精神的象徴として「蓮の花」を…

  6. 第1回

    お茶席紹介6

    原点回帰 ~閩南茶を味わう~中国茶の代表格のお茶といえば、「鉄観音…

最近の記事

  1. 第1回

    お茶席紹介10
  2. 第1回

    お茶席紹介11
  3. 第1回

    セミナー・ワークショップ予約方法とWeb会員登録について
  4. 第1回

    お茶席紹介7
  5. 第1回

    セミナー
PAGE TOP